ロマンポルノ・リブート(その3)

個人的にリブートの方で一番面白かったのは塩田監督の「風に濡れた女」。神代監督の「恋人たちは濡れた」のラストをちょっと思わせるオープニングで始まるのだけど(僕はこれも続けて観たので面白かった)、塩田監督のは全然濡れた感じがしない。カラッとしたコメディタッチの作品。主人公の男の目の前でいきなり自転車で海に飛び込む女。その女が男に何の理由づけもなく絡んでくる。基本的に今回のリプート作品は女の側が積極的な作品が多くて、それは今の時代を考えれば当然なんだろうけど、「風に濡れた女」のヒロインは中でも突拍子もなく面白い。テンポもよくラストのハッピーな感じもいい。

行定監督の「ジムノペディに乱れる」は今回のリブート作品の中では唯一はっきり男性を主人公にした作品。板尾創路さん演じる映画監督がいろんな女性と関係を持つ一週間を描く。男性を主人公にポルノ映画を作るのって今の時代かえって難しい気がする。この映画も主人公のダメっぷりが面白くもあるがちょっとイラッとさせられる。ちょっとナルシシズムが入っちゃっている感じがこの軽い不快感の元なのだろう。ラストはけっこうメロドラマ。ヒロインの一人を演じた芦那すみれさんはよかった。

一番ポルノから遠いのは当然のことながら園子温監督の「アンチポルノ」。タイトルでそう言っちゃってるからね。去年立て続けに公開された園監督の映画をことごとく観逃していて、ちょっと久しぶりの園作品になったのだけど、これがなかなか強烈だった。最初から最後まで登場人物が叫んでいて、ほとんどのシーンで舞台になっている部屋は原色で、ストーリーは何重にも入れ子構造になっていて、どれが現実でどれが幻想なのかの区別もつかない。観て疲れたが面白かった。破壊力はある。でも園監督はもうポルノ撮らなくていいと思う。

45周年ってちょっと中途半端な気がしたが、「映画芸術」の中田監督の言によると、日活的には50週年に向けて長期的な展望があるよう。リブートもこれで終わりではないらしい。今回監督がみんな男性なんだけど、女性監督のもあるといいと思う。女性が観に行かないんだったらこの企画は成功ということにならないだろう。僕が観に行った時はぱらぱらと女性の観客いたけど、思ったより少なかった。企画そのものは面白いと思うので無事続いてほしい。僕は続きあるのだったら極力観に行きます。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR