スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・マミー/呪われた砂漠の女王

先日「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」と「スパイダーマン:ホームカミング」をはしごした。

「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」はユニバーサルが往年のユニバーサル・ホラーの世界観をリブートする「ダーク・ユニバース」シリーズの第1作。最近流行りのなんとかユニバースの新しいシリーズだが、「魔人ドラキュラ」や「フランケンシュタインの花嫁」がリブートされるなら観ない訳にはいかないのだ。
しかし実は僕はミイラものというのはほとんど観ていなかった。「ザ・マミー」は原題が「THE MUMMY」で、このタイトルのホラー映画としては以下のものがある。
 「ミイラ再生」(1932年) 
 「ミイラの幽霊」(1959年)
 「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」(1999年)
 「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」(2017年)
要するに「ミイラ再生」の4回目のリブートということらしい。これ以外にもミイラ映画はたくさんあるのだが、とりあえず日本でDVD化されていない英国ハマー・プロダクションの「ミイラの幽霊」以外の2本「ミイラ再生」と「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」を観てから挑んだ。そもそも「ハムナプトラ」が「ミイラ再生」のリメイクだということも知らなかったのだが、続けて観ると「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」というのは意外なくらいオリジナルに忠実はリブートなのである。地味なオリジナルをきちんと踏襲しながら盛れるだけ盛ったアクション大作に仕上げたスティーブン・ソマーズ監督の力量は大したものだと思う。さて最新のミイラ映画はどうか。
結論から言うと「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」はオリジナルの「ミイラ再生」とは全く別物である。復活するミイラが男性から女性に変わっているだけではなく、生きながら埋葬された呪われたミイラが復活する、という基本設定以外どっこも似てない。
こっから後は少しネタバレしてます。


まず舞台が違う。「ミイラ再生」も「ハムナプトラ」も舞台は当然のことながらエジプトである。ところが「ザ・マミー」にはほとんどエジプトが出てこない。ミイラが発掘されるのはなぜかイラクで、そこから舞台はすぐにイギリスに移る。エジプトは回想シーンとラストだけ。ちょっとびっくりした。
それでも途中まではけっこう面白く観た。イギリスを舞台にすることで昔のハマー・プロダクションの怪奇映画みたいな雰囲気が出ている。トム・クルーズを主人公にすることでちょっとした毒のあるユーモアの感じも出ている。殺しちゃった友人が幽霊になって出てくるのは「狼男アメリカン」オマージュかな。それなりに見せ場もある。飛行機が墜落するシーンで中が無重力になるシーンがよく撮れていて、どうやって撮ったんだ、と思ったら本当に自由落下する飛行機の中で撮ったらしい。すげえな。個人的には烏とかネズミとかの小動物が群れになって登場するシーンが好き。ネズミと言えば「ウィラード」だが、個人的には新旧2本の「ノスフェラトゥ」が思い起こされる。ミイラというのは蘇った死体、という点で吸血鬼ともゾンビとも共通点があるのだけど、吸血鬼やゾンビを思わせるシーンにもいいシーンがある。作り手に昔ながらの怪奇映画に対する愛情があることは分かる。

こういうなんとかユニバースものには秘密組織がつきものである。モンスターバースのモナークみたいなやつだ。この世界ではプロディジウムというちょっと覚えにく名前の組織だ。この組織のトップがラッセル・クロウ演じるジキル博士。たぶんこの世界にはロバート・ルイス・スティーヴンソンという作家はいなくて「ジキル博士とハイド氏」という小説もなくて、このジキル博士はダーク・ユニバースの住人なのだろうと思うのだが、ユニバーサルの「ジキル博士とハイド氏」なんてあったっけ?でまあそれはいいのだがこの組織が出てきた当たりから残念ながら映画はなぜか失速する。

うーん。なんでこうなったのかなあ。クライマックスがこんな地味な映画久しぶりに観たよ。ドラマ的にも弱いし絵的にも地味。ソフィア・ブテラ演じるアマネットというキャラクターにはそれなりに魅力があるし、いったんアマネットが地上に出てくる辺りの絵にはいいものもあるのに、最後結局イギリスの地下でこじんまりと話は収束する。ちょっとびっくるするくらいラストはあっけない。エンディングも取ってつけたようだ。

トム・クルーズ演じるニック・モートンはこれで終わりということはないだろう。今後どう関わってくるのか、気になるところだ。「フランケンシュタインの花嫁」と「透明人間」が次に控えているらしいのだが、トム、出てくるのかなあ。このシリーズは続いてくれないと困るのだ。なんといっても本命は21世紀版「魔人ドラキュラ」なのだ。それまではもってもらわないと。いろいろ不満はあるが全面的に支持するから続けてください。お願いします。

「スパイダーマン:ホームカミング」についてはまたのちほど。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。