スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オディロン・ルドン展

二日続けて美術館回り。
今日は姫路市立美術館の「オディロン・ルドン展」を見にいった。
姫路市立美術館は姫路城のすぐ横の美術館。
オディロン・ルドンの名前を知ったのは中学だったか高校だったかの美術の教科書で、花に囲まれた横顔の女性の肖像画の幻想的な色彩にひかれた。
「ヴィオレット・ヘイマンの肖像」という絵だ。
その後も神話や花を題材にした色彩豊かな絵を印刷物で見てお気に入りの画家だったのだが、なかなか実物を見る機会に恵まれなかった。
そんなわけで今回は楽しみにしていたのである。
僕の中ではルドンというと色彩画家というイメージだったのだが、ルドンが色彩豊かなパステル画や油彩画を描くのは主に後期のことで、前期は「黒の画家」として知られていたそうである。
今回の岐阜県美術館所蔵の作品の多くはその前期の作品で、ほとんどはモノクロのリトグラフだった。
ちょっとがっかりしたが、これはこれで大変面白かった。
奇妙な幻想画で、水木しげるを思わせるものもあった。
神話的人物、奇妙な生物、目玉。
困ったのは小さい絵が多かったことで、実は最近眼鏡を代えたのだが、これは老眼用で遠くは見えるが近くがよく見えない。
近くに寄って細部を見るときは眼鏡をはずし、ちょっと離れてみる時は眼鏡をかける、というのを繰り返した。
けっこうわずらわしい。
最後に数点カラーのパステル画があって、その色彩はさすがに素晴らしかった。
悔しかったのは図録が売り切れていたことで、会期終了間近に行くものじゃないな。
会場で図録らしきものを見ていた人がいたので、入る前に買えば買えたのかもしれない。
安い画集を買ったが、当然展示作品とあまりかぶっていない。
展示されていたのはシリーズ物が大半だったので、やはりここはちゃんと解説のついた図録が欲しかったところ。

ところで、今日の行き帰りに読んだのは「アーミッシュの赦し―なぜ彼らはすぐに犯人とその家族を赦したのか」という本で、これはなかなか衝撃的だった。
今日は詳しく書く気力がないが、一読をお勧めする。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。