スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイダーマン:ホームカミング

観る前、「スパイダーマン:ホームカミング」には個人的にいくつか不安な要素があった。
一つはこの映画が「スパイダーマン」の3回目のリブートでありながらスパイダーマン誕生のエピソードを省いているらしいこと。「アメージング・スパイダーマン」の2作は、どう考えても無理あるやろというスパイダーマン誕生の秘密をちゃんと描こうとして伏線張り巡らしながら結局回収せずに打ち切りになってしまった。今でも実に残念なことだと思っている。せめてもう1作作ってほしかった。それで今回の映画化にちょっと複雑な気持ちを持っていたのだ。
もう一つは今回の目玉であるマーベル・シネマティック・ユニバースの扱いだ。個人的にはマーベル映画はヒーロー単発もののほうが好きで、アベンジャーズ映画にあまりいい印象がない。スパイダーマンはスパイダーマン単独でいいじゃん。アイアンマン出てこなくても。

で、それはいい方に裏切られた。いやあ、面白かった。けっこう長い映画(133分)なのだが長さを感じさせない。満足。
以下少しネタバレするかも。しないかも。

この映画はいろいろな要素を持った多面体のような映画なのだけど、まず第一に青春映画だ。今までで一番若いピーター・パーカー/スパイダーマンが今までで一番リアルなアメリカの高校生活を送っている。いやアメリカの高校知りませんけど、こうなんだろうな、という感じはびしびし伝わってくる。この映画の特徴の一つに人種的多様性に今まで以上に気を使っている、というところがあって、マドンナ役の女の子が黒人なのも新鮮。他にも非白人の生徒がたくさん出てくる。むしろ白人の生徒が少ない。それが自然な感じで描かれている。ところで10代なかばにしか見えないピーターを演じているトム・ホランドは1996年生まれ。20歳過ぎてるのかあ。びっくり。相棒のネッドもいい味。

ピーターはスターク社の研修生という扱い。スパイダースーツもスターク社製という設定。ここにも新しいスパイダーマンの21世紀的な感じがよく出ている。あまりにスーツの性能がいいので、どこまでがスパイダーマンの能力なのか分からないのが強いて言えば難点だが。しかしそれにもちゃんと納得の行くクライマックスが用意されている。

敵役はバルチャー、演じるのはマイケル・キートン。バットマン演ってバードマン演って、羽のある変なヤツの役は3度目だ。さすがに貫禄がある。それとこのバルチャー、根っからの悪役ではない。どちらかと言うと部下思いのいい人なのである。そのバルチャーが犯罪に走るのはアメリカの格差社会が背景にあってその辺もリアルなのだ。地に足の着いたスパイダーマン物語なのである。

実際アベンジャーズは話が大きくなりすぎた。大きくなりすぎてリアリティが乏しくなった。「スパイダーマン:ホームカミング」はその点等身大だ。そこがいい。その等身大の物語の中で主人公がちゃんと成長する。甘酸っぱさもほろ苦さもある。

でもそれだけだとスパイダーマンである意味がない。そういうリアルな背景や成長物語を持ちながらも、この映画はきわめて「マンガ的」である。相当むちゃなことをユーモアにくるんで表現している。その辺の呼吸も見事なものだ。なんか最近のアメコミ映画は重いのが多くて、それはそれで面白いのもあるんだけど、やっぱりスパイダーマンはこうじゃないと。スパイダーマン誕生のエピソードを欠いていてもそこは全然気にならなかった。問題なし。アベンジャーズとの関わりについてもこの映画は見事な着地点を見せる。

この色んな要素を詰め込みながら絶妙にバランスよくユーモアにあふれた映画を撮ったジョン・ワッツという監督は1981年生まれの新鋭。こういう人がこういう大作を任されてここまで完璧にこなしちゃうのはすごいね。続きも楽しみだ。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。