スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火は火星の火 第4回 「スペースインベーダー」

火曜日に火星SFを観る「火は火星の火」第4回は1986年の「スペースインベーダー」。
先週の火曜日に観た「惑星アドベンチャー/スペース・モンスター襲来!」のリメイクであり、8月26日に亡くなったトビー・フーパーの監督作である。原題はオリジナルと同じ「INVADERS FROM MARS」。

びっくりするくらいオリジナルに忠実なリメイクだった。まさかこんなに原典通りのストーリーだとは思わなかった。デビッド少年が丘の向こうにUFOが降りてくるのを目撃する出だしから、ちょっと微妙なエンディングまで基本的なアウトラインは全くそのままなのだ。中盤の展開が少し違うけど、問題の丘の風景も忠実に再現しているし、首の後の傷も地下の宇宙人の基地も火星人の構成も火星人が地球に来た理由もラストの脱出劇もほとんどそのままである。ちなみに主役のデビッド少年を「パリ、テキサス」のハンター・カーソンくんが演じている。リンダ先生役のカレン・ブラックは実の母親。

オリジナル版でデビッド少年を演じたジミー・ハントは警察署長役でゲスト出演。デビッドが通う小学校はメンジース小学校で、メンジースというのはオリジナル版の監督の名前である。作り手たちのオリジナル版に対する並々ならぬ敬意が感じられる。そうか、「惑星アドベンチャー/スペース・モンスター襲来!」ってそんなにリスペクトされている作品なのか。てっきり宇宙人が親や隣人に入れ替わるというアイディアだけもらった別物なのかと思った。

脚本に「エイリアン」や「バタリアン」で有名なダン・オバノンが入っている他、特撮にジョン・ダイクストラ、スタン・ウィンストンが入っていてなかなかに豪華な布陣なのだが、全体としてはだいぶチープな仕上がり。たぶん公開当時観に行っていたらがっかりしてた。しかし今回はそれなりに楽しく観た。何よりオリジナル版を観てから観たのでフーパー監督はじめ作り手たちの工夫とこだわりが感じられて微笑ましい。テレビで「スペース・バンパイア」やっているのもご愛嬌。まあ傑作ではない。しかし嫌いにはなれない映画だ。基本この映画はジュブナイルなんだと思う。1986年には僕はとっくに成人していたが、小学生でこれ観てたらけっこうトラウマになったはず。両親が宇宙人に乗っ取られるという基本設定がすでに子どもには怖いし、リメイク版オリジナルのルイーズ・フレッチャー演じる生物の先生は強烈なインパクトだ。変な火星人とその奴隷ミュータントも楽しい。作り手の稚気をこそ愛すべき映画。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。