スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪獣とフーパーの夜

京都みなみ会館でトビー・フーパー監督の追悼オールナイトをやるというので観に行った。
しかも上映スケジュールを観るとその前に怪獣映画2本やるというので老体に鞭打って怪獣+ホラー5本立てというハードな夜となったのだった。

怪獣映画2本立ては「フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ」と「大怪獣決闘ガメラ対バルゴン」。ともに1966年の東宝と大映の怪獣決戦映画である。実は「ガメラ対バルゴン」、観たことがなかった。なんとなくあらすじ知ってるので観たことあるような気がしていたが、どうも観ていない。ストーリーがわりと大人向けというのもなんとなく知っていた。確かに僕の知っている昭和のガメラとは一味違う。面白く観た。昭和ガメラのチープさとけっこう頑張っている特撮と大人の生々しい欲望のマッチングが他にない魅力。「サンダ対ガイラ」は何度か観ているが今回は中島春雄さん追悼も兼ねてしんみり観る。

さて今回本命のフーパー・ナイトだが、上映されたのは「マングラー」「悪魔の起源-ジン-」「悪魔のいけにえ」の3本。「悪魔のいけにえ」以外初見。
実はトビー・フーパー、そんなに観てるわけでも特別大好きというわけでもなかった。有名な「悪魔のいけにえ」は若い頃観てるが今ひとつ趣味に合わなかった。その後は「ポルターガイスト」とか「スペース・バンパイア」とか大味な大作映画を撮った人という印象だった。それが今回かなり覆った。

「マングラー」はスティーブン・キング原作。呪われた洗濯工場のプレス機という頓狂な設定のパワフルなホラー。このレトロなプレス機がよい。だいぶ頭のおかしい工場の支配人を「エルム街の悪夢」シリーズでフレディを演じたロバート・イングランドが喜々として演じている。小粒ながら小気味よく悪趣味な作品。

次の「悪魔の起源-ジン-」はフーパー監督の遺作。これ、けっこう評価が分かれる作品らしいのだが、僕はめちゃくちゃ面白かった。なんとアラブ首長国連邦の映画である。イスラム・オカルト映画という珍品。アラビア語と英語が半々くらい。役者もそちらの人のようだ。Jホラーの影響を受けたような、どちらかというとじわじわと怖い映画。アメリカで暮らしていた主人公夫婦が幼い子供を失い、アラブ首長国連邦に帰ってくる。妻の実家が近くで、夫婦は霧に覆われた新しい高級マンションに暮らすことになる。そこで次々に起こる変異。
大ネタはなぜかわりと序盤で割ってしまうのだが、それでもストーリーは緊迫感を失わない。音響と編集の巧みさがサスペンスを盛り上げ、派手な虐殺シーンなどはないのだが怖い。心理描写も巧みで特にヒロインの孤独と罪悪感が恐怖に拍車をかける。

「悪魔のいけにえ」と観比べると、一貫しているのは異質な存在が彼らなりの倫理や美学や哲学を持っていて、その存在との絶望的なディスコミュニケーションが恐怖を産んでいる、という点だろう。「悪魔の起源-ジン-」もジン側には一貫した理屈があってそれが主人公を追い詰めるのである。「悪魔のいけにえ」の殺人一家の家族愛とつながるところがある。ホラー全般にそれはあると言えばあるのだが、フーパー監督の向こう側の描き方にはやはり説得力がある。

最後に久しぶりに「悪魔のいけにえ」観たら、昔観たときよりはずいぶん楽しめた。そして「悪魔のいけにえ」観て迎える朝はなかなかによいものなのである。ああ、生きていてよかったと思える。こんな機会を作ってくれた京都みなみ会館に感謝。
改めてトビー・フーパー監督のご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。