スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンダーウーマン

映画「ワンダーウーマン」を観た。ずいぶん長く待たされた気がする。それはアメリカ公開から日本公開までずいぶん間が空いたということでも個人的な事情で日本公開から1ヶ月観に行けなかったということでもない。アメコミ映画が大人の鑑賞に耐える大作映画として作られるようになったのは1978年の「スーパーマン」からだが、その間40年近く、女性の単独ヒーローというのは1984年の「スーパーガール」くらいしか作られていない。せいぜい「バットマン」のスピンオフでラジー賞4部門に輝いた「キャットウーマン」があるくらいだ。スーパーマンやバットマンやマーベル・ヒーローが次々映画化される中、なぜかワンダーウーマンの映画は1本も作られなかった。テレビ化の話もあったが立ち消えになった。詳しい事情は知らないが、現代にふさわしいワンダーウーマン像を作ることがそれだけ難しかったということなのかもしれない。
今回の「ワンダーウーマン」はその新しいワンダーウーマン像を作り出すことに加え、もう一つチャレンジングなことをしている。アメコミ映画史上多分初めて現実の戦争を舞台にした映画だということだ。1941年に始まった原作コミックスが第二次世界大戦を舞台にしているのに対し、この映画は第一次世界大戦を舞台にしている。観る前は不思議だったがその理由は観終わってなんとなく分かった気がする。
以下だいぶネタを割っているので未見の人は注意。ちなみに僕は傑作だと思った。80年近く前に描かれた言ってしまえば他愛のないアメリカンコミックスが、十分オリジナルを尊重しつつ現代にふさわしいエンターテイメントに生まれ変わっていることに感動する。







戦争というのは一人のスーパーヒーローになんとか出来るものではない。だからこそアメコミ映画はリアルな戦争を描くことを控えてきたのだろう。第一次世界大戦という100年前の現実の戦争を舞台にしてワンダーウーマンの活躍はどう描かれたか。
結論から言うと、この映画の中で、ワンダーウーマンは実は結果としてはほぼ誰一人救ってはいないのである。戦争を終わらせたのはもちろんワンダーウーマンではなく、ワンダーウーマンがしたことはスティーブ・トレバーを救ったこととヴェルドの村を解放したことだが、その結果は映画の中に描かれる通りだ。物語のメインになっている毒ガス攻撃を直接食い止めたのはスティーブとその仲間たちである。
ではこの決して短くはない映画はいったい何を描いたのだろうか。それは一言で言うと「幼い理想主義が成熟した理想主義へと成長していく過程」なのだろうと思う。

女だけの島セミッシラで育ったダイアナは戦いの神アレスを倒せば平和が訪れると教えられそれを信じている。素朴な悪の実在論者である。そのダイアナが現実の戦いの中に身を置き、戦争の悲惨さを知り、悪は個々の人間の中にあることを知る。ダイアナは人間に絶望し救う価値はないとまで思う。そこに現れるアレスは悪の根源でも戦争の黒幕でもない。このアレスは虚無である。愚かな人間に対する絶望から生まれるニヒリズムである。スティーブたちが現実の問題に立ち向かって戦っている間、ダイアナ一人は次元の違う戦いをしている。ダイアナは虚無と戦っていたのである。

この映画は成熟した理想主義者ワンダーウーマンが誕生するまでの物語である。スティーブ・トレバーは幼い理想主義者ダイアナを受け入れ、育て、最後の一押しをする。そこにちっぽけで儚い人間の生のきらめきがある。それに感動する。

第二次世界大戦を舞台にしなかったのは第二次大戦にはヒトラーという分かりやすい「悪者」がいて、それがこの映画のテーマと合わなかったからだろう。

もちろんこの映画は堅苦しい教訓映画ではなくエンターテイメントだ。アクションあり笑いありラブロマンスありの盛り沢山な映画である。ドクター・ポイズンや様々な出自を持つスティーブの仲間たちなど脇を固めるキャラクターも魅力的。エッタが原作通りなのもうれしい。しかし何より観終わった後に力強い希望を感じさせる映画である。待った甲斐があった。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。