事の顛末(その3)

最初に外に出た時、鍵はかかっていた。
念のために確認すると勝手口の鍵もかかっていた。
鍵は僕と実駒が一つずつ持っていて、その二つが二つとも家の中にある。
密室?
密室家出?
混乱した。
しかし冷静に考え直すと答は一つしかなかった。
実駒は家の中にいる。

慌てて風呂場に向かった。
風呂場の中は見たのだが、バスタブのふたまでは開けて見なかった。
そこで冷たくなっている実駒の姿がまぶたに浮かび、肝が冷えた。
しかし幸いバスタブの中はからっぽだった。
他の部屋もあらためて調べ、いるはずもないクローゼットの中までのぞいた。
残っている場所は一箇所だけだった。
天井裏だ。

うちの二階の天井は高い。
そこに扉がついていて、先がかぎ状になっている棒で開けるようになっている。
折りたたみ式の階段がついていて、それを延ばして天井裏に行ける仕掛けだ。
しかしその棒が見当たらない。
ベンチを下に持ってきたが、手が届かない。
ベンチの上にもう一つ椅子を置いて取っ手に指をかけ、扉を開いた。
階段を延ばして上を見ると、天井裏に段ボールのバリケードのようなものが作ってある。
なんだこれは?と思いながら階段を上り、段ボールをどけた。
暗闇から、なーにー?、と寝ぼけた声が聞こえた。

脱力した。
あまりのことに怒る気もしなかった。
僕が不安に苛まれているその真上で実駒はのん気にグーグー寝ていたのだった。
僕は静かに下に降り、警察とT君、Aちゃん、連絡を取った知人たちに電話した。

結局、実駒は喧嘩して腹を立てて天井裏に篭城することにしたのだった。
ホットカーペットや食料まで持ち込んでいた。
枕もとのモデルガンは発見された時に僕を威嚇するために持って上がろうとして、置き忘れたものだった。
上から階段を引き上げるのはかなり難しかったそうだ。
上でがたがた音が聞こえたのはそれだった。

実駒は僕に発見された後も天井裏で昏々と眠り続け、まる二日寝た後何事もなかったかのように降りてきた。
全く人騒がせにもほどがある。
しかし天井裏にいた、と言ったときの友人たちの反応は、概ね

実駒さんらしいですね

というものだった。
僕もそう思う。

ということで、ご迷惑をおかけしたみなさま、本当に申し訳ありませんでした。
本人も少しは反省しているようです。
これからも暖かく見守ってください。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR