スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術館めぐり

一つ目は何必館・京都現代美術館のマルティーヌ・フランク展。
アンリ・カルティエ=ブレッソンの夫人だというこの女性写真家については全く知らなかったんだけど、チラシの写真がとてもよかったので見にいった。
子供の写真、老人の写真、夫アンリ・カルティエ=ブレッソンの写真、風景、チベット、アイルランド、モチーフは様々だが、洗練されたフォームの中に暖かいまなざしとユーモアを感じる。
何必館に行くのは久しぶりだが、とても好きな場所だ。
サラ・ムーン展もここで見たけど、そのサラ・ムーンはマルティーヌ・フランクの友人らしく、今回は被写体として出ていた。

二つ目は京都近代美術館でやっている「生活と芸術 アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで」。
19世紀後半にイギリスでウイリアム・モリスらが始めたアーツ・アンド・クラフツという生活と芸術を共存させようという運動が、モリス自身のデザインや同時代の作家の工芸品で紹介される。
さらにそれがアールヌーヴォーやドイツの分離派、ロシア、ハンガリーなどの民族芸術に波及していった過程が分かりやすく展示されている。
そして日本に渡って柳宋悦らの民芸運動につながり、その作品群も少なからず紹介されている。
いい展覧会だと思った。

ところでアーツ・アンド・クラフツ運動の中心的な人物だったウィリアム・モリスという人はデザイナーなどという枠に収まる人ではなく、様々な側面を持った人なのだけど、リン・カーターによると異世界ファンタジーの嚆矢でもあるそうだ。
会場にモリスの本もたくさん置かれていて、その中の「世界のかなたの森」という本を買った。
帯には「『指輪物語』もここからはじまった。」とある。
異世界ファンタジーとしては素朴だが、初々しい愛と冒険の物語だ。
以前からウィリアム・モリスという人に関心があったのだけど、これでまた一段とモリスが身近な人に感じられてきた。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。