スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崖の上のポニョ

最終日ぎりぎりで「崖の上のポニョ」を観にいく。
大変楽しい映画だった。
宮崎駿さんの作品は主人公が重荷を負っているものが多い。
今回の主人公は背負ってない。
男の子の宗介君の方はまだポニョを守るという使命を背負っているが、ポニョは自分の好きという気持ちだけで行動する。
本当は月が地球に近づいているというカタストロフィー的大状況があるのだが、それはフジモト以外誰も気にしていない。
女性キャラクターたちは陽気でのんきだ。
そこが宮崎アニメを見慣れた人にとってものたりなくもあり、今までになく自由な感じもするのではないか。
簡略化された絵は昔の東映長編動画を思わせ、懐かしくも力強い。
アニメが小難しい言葉で語られることが当たり前になった時代に、単純に観て楽しい映画を作った宮崎駿さんの姿勢に共感する。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。