スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピサロ展

印象派展などでカミーユ・ピサロの絵は何回か見ているけど、ピサロメインの展覧会は珍しいな、と思って、美術館「えき」KYOTOにピサロ展を見にいく。
ちょっと期待はずれだった。
ピサロの絵が思いのほか少なかったのだ。
油彩画だけだと11枚しかない。
展覧会の正式なタイトルは「オックスフォード大学・アシュモリアン美術館蔵 印象派の巨匠ピサロ-家族と仲間たち-展」なので、嘘ではないのだが、「家族と仲間たち」の絵のほうがずっと多いのである。
バルビゾン派や印象派の画家の絵がかなりあったほか、画家になった子供たちの絵がかなりあって、息子のリュシアン・ピサロの油彩画は12枚もある。
ちなみに息子のリュシアン、父親とそっくりの絵を描きます。
いくつか気に入った絵はあったけど、もっとピサロ三昧な展覧会を期待していたので、ちょっとはぐらかされた感じ。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。