「闇の子供たち」(原作)

「闇の子供たち」の原作小説(梁石日)を読む。
小説なので、当然映画では描けない描写などもある。
児童買春の描写などは、より真に迫っている。
映画と大きく違っているのは、この小説の主人公がむしろタイ人のパナポーンと音羽惠子の二人の女性であることだ。
映画で主人公として活躍する南部浩行は後半になってやっと出てくる。
妻夫木聡が演じたカメラマンも小説ではちょい役、佐藤浩市のやった役なんて、原作小説には登場しない。
総じて、映画版では日本人の登場人物がより比重を増している。
馴染み深い日本の俳優を多く出すことで、より多くの観客を動員しようと考えたのかもしれない。
より多くの人に観てもらう、という意味ではそういうことも必要だということだろうか。
ポスターにも日本人俳優の顔しか使われていないし、その辺はちょっとなんだかなあという気がする。
タイ人側の俳優がすごくよかっただけに、扱いの小ささが気になる。
ラストも原作と映画では違っている。
小説版のラストはより苦いのだが、そこに希望も描かれている。
映画をご覧になった方は原作も読まれるといいと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR