浮世絵展

引越しで忙しいときに、神戸まで浮世絵を見にいく。
神戸市立博物館の「ヴィクトリア アンド アルバート美術館所蔵 初公開 浮世絵名品展」という長い名前の展覧会。
歌麿、北斎、広重、国芳を始めとする浮世絵版画の名品がずらり。
イギリスのヴィクトリア アンド アルバート美術館には25,000点もの浮世絵が収蔵されているそうで、そこから厳選された作品はかなり見ごたえがある。
鈴木春信の錦絵以降の作品で構成されていて、浮世絵の色彩の妙が味わえる。
北斎の神奈川沖浪裏のような有名な作品もあって、実物を見ると、意外と小さな絵だなと思ったりする。
木版画なのでそんなに大きな絵は刷れなかったのだろうけど、これを木版で刷ったというのが信じがたい密度。
これはどの絵を見てもそう思う。
よく言われることだが、彫師、刷師の腕があっての浮世絵版画である。
貴重な版下絵も何点か出品されていて興味深かった。
神戸ではムンク展もやっているのだけど、こっちは引っ越してから見にいくつもり。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR