裁判員制度の正体

西野喜一著「裁判員制度の正体」(講談社現代新書)を読む。
来年から施行される裁判員制度というものに対して、僕自身は現時点で否定的だ。
裁判官がやるより無作為抽出した素人がやった方がよりよい裁判が出来ると考える根拠がさっぱり分からない。
やりたくない人も辞退できない、という点はもっと理解できない。
この本はその裁判員制度を様々な角度から徹底的にこきおろしている。
裁判員制度は現行制度支持者と陪審員制度支持者の折衷案であり、素人が裁判員をやってもろくなことにはならない、しかも当たった人にとっては大迷惑である、裁判員法は憲法違反であり、徴兵制に発展しかねない危険な制度だ、というのが著者の主張(だいぶはしょってますが)。
著者は現行の裁判官による裁判を高く評価している人である。
それに対し「義務教育終了だけを条件として抽選で集められた素人」のことはまるきり信用していない。
著者も部分的に認めているが、この本はいささか品性に欠ける部分がある。
しかし著者の危機感はひしひしと伝わってくるし、それが根拠のないものだとは思わない。
普通の市民には「健全な社会常識」がある、という前提はうそ臭いと思う。
この本には丁寧にも裁判員制度を逃れるための技術まで書いてある。
僕も現時点では、選ばれても断固辞退する方向で考えている。
もう少しこの制度について勉強して、来る裁判員法時代に備えたいと思う。
次に読み始めているのは伊佐千尋「裁判員制度は刑事裁判を変えるか」。
この本の著者は日本人には珍しい陪審員経験者で、陪審員制度の推奨者である。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR