スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女教師狩り

実は、観てないDVDがたまってきたので、金曜日を怪獣映画の日、土曜日をポルノ映画の日にして観ることにしたのだ。
いや、もちろん怪獣映画とポルノ映画以外にも観てないDVDたくさんあるんですが、僕の持っているDVDには怪獣か裸が出てくるものが多いのも事実。
日曜日を名作の日にしようかとも考えているけど、まだ思案中。

で、土曜日なんだけど、石井隆さんの原作で池田敏春さんが監督した「天使のはらわた/赤い淫画」をこの前観た。
昔、たぶん今はなくなった京一会館で観てると思う。
泉じゅんさんが名美を好演、映像も凝っていて見ごたえがあった。
その映画に女子高生の役で出ていた伊藤京子さんという女優が印象に残った。
アイドルでもおかしくない感じの、清楚な印象の女優さんだが、かなり思い切った自慰シーンを演じていてちょっと意表をつかれた。
ウィキペディアによると、伊藤京子さんは何本か日活ロマンポルノに出た後、2000年に40歳の若さで自殺している。
石坂浩二の愛人だったとも書かれているが、真相は分からない。

今週鈴木潤一監督作品「女教師狩り」(1982年)を観たのは、この映画に伊藤京子さんが出ているからで、伊藤さんはやはり女子高生の役で出ている。
セーラー服に全く違和感がない。
むしろ普通の優等生に見える。
それでいて激しい濡れ場もあり、濡れ場以外での演技も多い。
映画自体は70年代の空気を残した青春映画で、面白く観た。
風祭ゆきさんが女教師を演じ、強姦の濡れ衣を着せられて退学した少年との関係を鮮やかに描いている。
伊藤京子さんにとっても代表作になったのではないかと思う。

亡くなったのはもう10年も前だけど、ご冥福を祈りたい。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。