スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴジラVSモスラ

DeAGOSITINI東宝特撮映画DVDコレクション31は「ゴジラVSモスラ」。
1964年の「モスラ対ゴジラ」ではなくて、1992年の新シリーズの方。
全然期待しないで観たら、案外面白かった。
特別すごいとは思わなかったが、ウェルメイドな映画だという印象。
よく出来た映画というのはキャスティングに無駄がないものだが、この映画はその点うまく作ってある。
特に小林聡美、別所哲也、村田雄浩、大竹まことが好演している。
宝田明、小林昭二、篠田三郎、小高恵美ら常連組も手堅い。
それぞれ分かりやすいキャラクター付けがされていて、適所適材。
お約束の環境テーマも、大竹まことを悪役にすることでだいぶ臭みが消えた。
シーンごとのめりはりも利いている。
肝心の怪獣シーンも国会議事堂や横浜みなとみらい21などの名所を舞台になかなか見せてくれる。
いや、要するに当たり前のことをちゃんとやっている怪獣映画、ということなんだけど、当たり前のことをちゃんとやっている怪獣映画というのは案外貴重だと思う。

インファント島とモスラ、コスモス(小美人のことです)、バトラに関する設定はもう少し突っ込んでほしい気もした。
古代に高度な技術を持った小人の種族がいた、というのは悪くないだけにちょっと惜しい。
子供はバトラにけっこう感情移入するんだろうな。
最初悪役で出てきて、最後はかっこよく死んでいく、というのは定番だもんね。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。