ケツァルコアトルス

大阪市立自然史博物館でやっている「世界最大の翼竜展」(今日まで)を見にいく。
中生代の爬虫類のうち翼竜のみに的をしぼった展覧会。
目玉はなんといっても天井からつるされているケツァルコアトルスの全身骨格と原寸大復元模型だ。
翼長10メートル。
でかい。
どの角度から見てもかっこいい。
こんな生物が空を舞っていたと考えるだけでもわくわくする。
ランフォリンクスやプテロダクティルスなど、もっと小さい翼竜の化石も展示されていて、それはそれでかわいい。
手のひらサイズよりもっと小さな翼竜の赤ちゃんの化石もあって、かわいい。
飼いたい。
プテラノドンは主役の座から降りてしまっていてそこだけちょっと寂しかった。
プテラノドンもがんばれ。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR