スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルバーチャイルド

年下の友人に借りた「シルバーチャイルド」全3巻を読む。
クリフ・マクニッシュというイギリスの作家のファンタジー。
以下ネタバレ。

いや、面白かった。
というかびっくりした。
最近の児童ファンタジーはここまでやるのかと、まあ、古いファンタジーもちゃんと読んでいない僕が言っても説得力はないんだけど、とりあえず驚いた。
舞台はコールド・ハーバーという一面ぬかるみとゴミ捨て場が広がっているような土地。
物語の95パーセントくらいがここを舞台にしている。
冒頭に少し普通の街の描写が入ったり、宇宙と海底のシーンが入ったりするが基本的にはこの腐臭の漂ってきそうな場所から物語は離れない。
ここに子供たちが集まってきて、宇宙からやってきた殺戮者と戦うんだけど、子供たちはある力によって変身を遂げる。
それがまたけっこうグロテスクだ。
で、最後は元に戻ってめでたしめでたしで終わるのかと思ったら、ここから戦いが始まる、って感じの終わり方。
名前のついたキャラクターは死なないけど、かなりたくさんの無名の子供たちは死んでいく。
僕らが子どもの頃読んだ「漂流教室」みたいなトラウマを子供に残すのではないだろうか。
子供がこういう野蛮な想像力に晒されるのは僕は悪いことではないと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。