ゴジラ・エビラ・モスラ/南海の大決闘

何本か感想を書こうと思って書いていない映画があるんだけど、とりあえず今日は、今日観たDeAGOSTINI東宝特撮映画DVDコレクション「ゴジラ・エビラ・モスラ/南海の大決闘」の感想など。

実はこの映画、観るのは初めて。
にもかかわらず、観ていて実に懐かしい気分になった。
南海の孤島に謎の秘密結社の基地があって、そこに行方不明の兄を探しに来た少年や金庫破りの青年なんかがヨットで来るのだけど、なんかそういう設定の話って、あの頃いくらでもあったような気がする。
1966年の映画。
その前年の本多猪四郎監督の「怪獣大戦争」から監督が福田純に代わって、雰囲気もガラッと変わった。
一言で言えば、マンガ的。
眠っているゴジラを雷の電気で起こすところとか、気球で島を脱出するところとか、エビラが嫌いな黄色い液体とか、子供が考えそうなアイディアがいっぱいだ。
秘密結社「赤イ竹」も名前からしてしょぼいしリアリティもなくて、でも懐かしい。
こんなのばっか観て育ったんだよなあ、と思う。
たぶん若い頃観てたら怒ったかもしれないけど、今観ると楽しい。
子供はこの映画大好きだったろうな。
エビラの巨大なはさみは子供が観たらけっこうトラウマものかもしれない。
で、こんな軽い映画なのに、宝田明や平田昭彦や水野久美や田崎潤や天本英世や沢村いき雄がちゃんと出ているのも楽しいな。

DeAGOSTINIの東宝特撮映画DVDコレクション、全部出揃ったら、ちゃんと「ゴジラ」から年代順に観直そうと思っている。
それを考えるとちょっとわくわくする。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR