スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタゴオルは猫の森

上映時に観そびれていた「アタゴオルは猫の森」を学生に借りて観る。
ヒデヨシというキャラクターに出会ったのは今はなき「月刊マンガ少年」に掲載された「影切り森の銀ハープ」という短編。
1976年の作品である。
その後の作品をきちんと追っているわけではないけど、アタゴオル・シリーズは特別な位置にある作品群である。
そんなわけでどうしても原作のイメージが強くて、なかなかすんなり入れないところもあった。
ヒデヨシの声は、誰がやっても合わないように感じたと思うけど、やっぱり合わない。
石井竜也の音楽もちょっとイメージが違う。
映画の原作になった「ギルドマ」は読んでいないのだが、寓意が前面に出すぎて、説教臭くなった。
CGはテレビサイズで観る分にはよく出来ていたと思う。
美術も悪くない。
いいところもあるけど、やはりいまいちな印象。

特典映像でますむらひろしさんのインタビューが入っていた。
すごく朴訥とした真面目そうな人だった。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。