研さんのこと(2)

研さんはおもちゃメーカーを何年かで辞めて、アニメーションの製作会社に再就職した。
その後はアニメーションのプロデューサーとして活躍された。

研さんは映画が好きだった。
本当にたくさんの映画を観ていた。
キューブリックの映画が大好きで、理知的で洗練されていながら心の入った映画を好んだ。
反対に嫌いな映画は容赦なく批判した。
ある時期からのスピルバーグが大嫌いだった。
いつもこき下ろしていたが、新作はたいてい観ていた。

SFも好きだった。
サイバーパンクに早くから注目していた。
最近ではイーガンや伊藤計劃さんを評価していた。
新しいものには常にアンテナを張っていた。

マンガも好きだった。
大友克洋さん以外では萩尾望都さんが好きで作品をずっと追いかけていた。

音楽も好きで、テクノポップをその創成期からずっと聞いていた。
テクノではないがうちにはザ・ドゥルッティ・コラムの初期CD4枚組のボックスがある。
研さんが結婚された後、おうちにお邪魔した時、CDラックを見ていたら、そのボックスが2揃いあった。
お連れ合いも好きで、二人とも持っていたのだ。
それで1セットを譲り受けた。
今でも大切なCDだ。

お酒が好きだった。
ビールが好きで、痛風になってからも飲んでいた。
最近はワイン党だった。

バルタン星人が好きだった。
どういう理由でバルタン星人が好きになったのかは聞きそびれた。
とにかく研さんの家には夥しい数のバルタン星人グッズがある。
リアルなものからマンガチックにデフォルメされたものまで、かなり大きいものから携帯ストラップくらいのものまで。
とにかくバルタン星人であればなんでも集めていた。
去年出た「バルタン星人―不滅のダークヒーロー」というムックにはそんな研さんのコレクションのほんの一部が紹介されている。

戦争が大嫌いだった。
戦争と結びつくあらゆるものを嫌悪した。
護憲派であり、筋金入りの平和主義者だった。
9.11に関しては陰謀論者であることを明らかにしていた。
研さんのことなので入手できるあらゆる資料には目を通した上での結論だった。

遅くに授かった息子のS君を溺愛していた。
傍から見ても気持ちいいくらいの親バカっぷりだった。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR