クロッシング

みなみ会館でキム・テギュン監督「クロッシング」を観る。
脱北者を扱った力作。

北朝鮮の炭鉱労働者キム・ヨンスの日常から映画は始まる。
その普通さに打たれる。
貧しい中にも笑いがありささやかな幸せもあるその日常は、どこにでもある庶民の日常だ。
極端な貧困と厳しい思想統制の最中にあっても、人間の感情は変わらない。
そういう風にこの映画は始まる。
その後脱北者家族の過酷な運命を描いても、この映画がプロパガンダ映画にならなかったのは、作り手のその確信にあるのではないかと思った。
作り手は北朝鮮という国家体制の非人道性を告発することよりも、北朝鮮の民衆に寄り添い、連帯の意思を示そうとする。
日本人である僕がこの映画を信用することが出来るのは、その作り手の姿勢があるからだ。
この映画はよい意味でメロドラマである。
北の同胞の悲劇に共感し、ともに涙を流すことを恥じない。
日本人である僕にもその感情は国境と関係なく共感できる。
もちろんメロドラマと言っても監督は綿密なリサーチを行った上でこの映画を作っており、その意味ではドキュメンタリー的でさえあるのだが。

僕らが普段目にする北朝鮮の人といえば、キム・ジョンイルと国営放送のアナウンサーくらいだ。
そこに人間的な共感を感じることは難しい。
しかし、北朝鮮であろうと普通の民衆は僕らとそんなに違う人間ではない。
たぶんあのアナウンサーたちも家に帰れば普通のお母さんやお父さんなのだろう。
その当たり前のことにこの映画は気づかせてくれる。

仮にいつか北朝鮮から日本にミサイルが飛んできたとしても僕はあの国と戦争をしたくはない。
その時僕らが殺しあわなくてはならないのはロボットのような北朝鮮兵ではなく、普通の北朝鮮の民衆であろうからだ。
あの国の国家体制がいかに非人道的であろうと、忍耐強く対話を続けていくことにしか未来はないのだと思う。
そんなことをこの映画を観ながら感じた。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR