スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術とか科学とか(その2)

国立国際美術館を出て大阪市立科学館に入る。
プラネタリウムホールは昔から馴染みのある半球型のドームではなく、前後があって、プラネタリウムと映画館の中間みたいな空間だ。
もちろん全方位映像が映るのだけど、客席は全て前を向いていて、その辺は映画館的である。

1時から「HAYABUSA BUCK TO THE EARTH」上映。
巨大な地球が頭上に現れると、すでにけっこう感動した。
宇宙から地球を見ている感じが体験できる。
ツイッターがはやぶさ祭だった時は、実は僕はあまり乗れてなかったのだけど、やっぱり偉業なんだなあとあらためて思った。
あの広大な空間をケシ粒みたいなはやぶさがこれまたちっぽけな小惑星イトカワまで行って、また地球に帰ってくる。
頭で分かっていても、こうやって映像で見ると実感として分かる。
先にこれ見とけばよかったな。

2時からのプラネタリウムはブラックホール特集。
普通に夏の大三角形とか星座の話とかから始まるんだけど、途中からブラックホールの話になって、X線で見た宇宙の映像になったりする。
ルノワールのX線画像には感動しなかったけど、これは感動する。
今時のプラネタリウム、すごいな。

で、3時から「よみがえる恐竜の世界」。
白亜紀末期から絶滅寸前の恐竜を連れてくるという、いちおうSFっぽいストーリーになっているけど、まあ話はどうでもよくて、でかい画面でリアルな恐竜が動いているのが楽しい、というプログラム。
いや、確かにこれは楽しい。

子供はこういうもの見ないといけない。
まあ夏休みや土日は子供連れでにぎわうんだろうけど、そりゃ、これは見せとかないとね。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。