聖地チベット展

大阪でやっている展覧会二つはしごする。

一つ目は大阪歴史博物館でやっている「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝展」。
実はいわゆるチベット問題については、存在は知っているが、よくは知らない。
知らないのだが、ビジュアルから入る人間なので、とりあえずは見てみようと思った次第。
展示されている仏像は、日本のわびさびな仏像と違って濃くてエロティックだ。
男女が抱き合った父母仏立像というのがいくつかあって、ほとんど裸で抱きあっている上に顔が四つあったり、手が八本あったりで、超絶エロス。
髑髏の首飾りとか、髑髏がたくさん出てくるのも特徴的。
かなりおなかいっぱいの展示だった。

図録も勉強になったが、当然のことながら「中日両国」の友好ということを前面に出していて、「チベット問題」には触れていない。
ちょっと気になったら、やっぱりこういうサイトがあった。
一読の値打ちのあるサイトなのでご覧ください。

http://seichi-tibet.com/

で、この展覧会が開催されるべきだったかといえば、個人的には開催されてよかったと思う。
僕のようにこの展覧会でチベット問題に関心を持つ人もいるわけだから。
このような展覧会に政治的な意図がありうることについては自覚的であるべきだが、関心があれば今はネットや書籍で比較的簡単に調べることが出来るのだから、やらないよりはやった方がいいのである。
もちろんそれに対する抗議活動というのはあってしかるべきで、それでこそ様々な意見が人々の耳目に届くのである。
僕もちょっとこの問題についてはさらに勉強しようと思った。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR