東京国立近代美術館

もう一泊して、16日は東京国立近代美術館に行った。
企画展は「小野竹喬展」をやっていた。
日本画には暗いので、小野竹喬のこともよく知らなかったんだけど、清々しい色彩の絵を描く人だなあと思った。
穏やかな色彩の中に深い精神性を感じる。

コレクション展は「近代日本の美術」というすごく大雑把なくくりの展覧会。
そんなに期待していなかったんだけど、これは見ごたえがあった。
岸田劉生の「道路と土手と塀」、「麗子肖像」、高村光太郎の「手」、須田国太郎の「犬」など教科書で見たような名品がずらり。
中でも和田三造の「南風」と古賀春江の「海」の実物を見られたのはうれしかった。
やっぱり東京国立近代美術館ともなるとコレクションもすごいなあと感服した次第。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR