スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロウバイ

近所にロウバイが咲いていた。
まだ寒いけど春は近づきつつあるのだ。
あと少しのがまんだ。

今うちの大学の卒展をやっている。
芸術学部、デザイン学部は例年通り京都市美術館だが、マンガ学部は今年から京都国際マンガミュージアムでの開催。
31日までやっているので、お時間のある方はぜひ。

例によって最近観た映画の感想など。

「アサルトガールズ」
今回は趣味に走って痛快オタク映画撮ってくれると期待したのだけど、ちょっとあんまりな出来だった。
押井監督、なんか迷ってる感じだ。
「アバター」に完敗宣言しているようでは困りますよ。
次も観るからがんばってください。

「牛の鈴音」
韓国の良質なドキュメンタリー。
この地味な映画が韓国で大ヒットしたというのが面白い。
韓国でも失われつつある風景なんだろうと思う。
妙にセンチメンタルにならずに、淡々と撮っているところに好感が持てた。

「蘇りの血」
豊田利晃監督の新作は、70年台ATG映画を思わせる寓話的な物語。
アニミズムを感じさせる映像がよい。
木にも石にも生命が宿っている。
小栗判官の話を元にしているそうだけど、恥ずかしながら小栗判官の話を知らなかった。
近藤ようこさんの「説教小栗判官」をアマゾンで買って読む。
大変興味深い死と再生の物語。
これはちょっと真面目に勉強してみてもいいかも。
ヒロインのテルテ姫役の草刈麻有が大変かわいかったです。

で、今日はDeAGOSTINIの東宝特撮映画DVDコレクション9「空の大怪獣ラドン」鑑賞。
阿蘇と炭鉱という設定が地底幻想を誘う前半の雰囲気は素晴らしい。
地底から空へというイメージの広がりもいいのだけど、ラドンが現れてからはちょっと話がはしょり気味なのが残念。
ラドンが人類の英知ではなく、より巨大な阿蘇という自然の前に倒れるのは日本的で好きだな。
スポンサーサイト
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。