キングコング/髑髏島の巨神

「キングコング/髑髏島の巨神」を観た。以下ネタバレあり。このあと読まない人のために言っておくと、例によってエンドロールのあとにけっこう重要なシーンがあるので最後まで席立たないように。


力技である。キングコングの4回目のリメイクではあるが、今回はタイトル通り髑髏島の話がメインで、後半のニューヨークのシーンはない。怪獣島でのサバイバルがメイン。構造としてはジュラシックパーク・シリーズの方が近い。しかしここは恐竜ではなく怪獣であることに意味がある。キングコング以外にもいろいろ出てくるが見事に統一感がない。オリジナルはコング以外は恐竜がメインだったが、たぶんジュラシックパーク・シリーズやピーター・ジャクソン版とかぶることを避けたのだろう、トリケラトプスらしい骸骨はちらっと映るけど恐竜は出てこない。わずかに翼竜(もちろん恐竜ではない)の仲間らしいのが出てくるだけだ。実際にいる動物を巨大化したものが多いけど、それも哺乳類、節足動物、軟体動物とばらばら。そしてキングコングと敵対する髑髏クローラーはモデルがよくわからない、怪獣としか言いようがない怪獣。パンフを見るとオリジナル版に出てきた「後足のないトカゲ」がモデルらしい。ああ、いたなそんなの。マニアックなとこついてくるなあ。デザイン的にはやや小物感があるのが残念。最後の大きいのだけでももう少しなんとかならなかったか。

時代は第二次大戦が終わる直前の1944年で始まり、ベトナム戦争終了直後の1973年に飛ぶ。髑髏島に怪獣がたくさんいる理由については放射能とか軍の秘密研究とかそういう小手先の人為的なものは出てこない。その代わりに、今時それ出すか?と思うような大技を出してくる。え?この設定このあとのシリーズでも使うの?

コングのデザインはゴリラと猿人の中間くらい。個人的にはキングコングがゴリラのわけないと思っているので(南太平洋だよ?)、もろゴリラだったジャクソン版より納得できる。

今回おっと思ったのは二点。まずコングに親がいたという当たり前の事実をちゃんと描いてるところ。コングは長くこの島に生息していた種の最後の生き残りなのである。コングの両親の巨大な骸骨も絵としていなかなかかっこいい。もう一つはコングが道具を使うところで、岩とか木とか鎖の付いたスクリューとかあるものをかなり利用している。木は小枝を落として使っているので道具の加工もしている。そこそこ頭のいいコングである。

ユーモアがあるテンポのいい演出がこの映画の持ち味で、怪獣ももったいぶらずに最初っから出てきて気持ちいい。話が少々雑なのもあまり気にならない。人間も容赦なく食べられたり踏みつけられたりする。怪獣映画はそうでないと。恋愛話が全く出てこないのもいい。なぜかやっぱりヒロインはコングに気に入られるんだけどね。そこはお約束だからなあ。

このあとアメリカ版は「ゴジラ2」を挟んで「ゴジラ対コング」につながるらしい。楽しみなことだ。日本も出し惜しみせず「シン・ゴジラ」の続きを作るべきだと思う。怪獣映画はシリーズ化してなんぼだと思う。

大映特撮ナイト 第8夜 「怪談深川情話」

実は新作映画もいろいろ観てるんだけど最近感想書いてない。つまらなかったわけでは全然ないんだけどな。

で、今回も大映特撮映画を制作年代順に観ていく一人上映会のこと。第8回は1952年の「怪談深川情話」。脚本・監督は犬塚稔。僕は海外の古典ホラー映画がわりと好きなんだけど、日本の怪談映画をあまり観ていない。中川信夫監督の「東海道四谷怪談」が印象に残っているくらいで、ほとんど白紙に近い状態。そういう意味でこれから何本か続く大映怪談映画はかなり楽しみにしいてたのだ。

さてこの映画、ものすごく上品な怪談映画だった。この映画は戦後初の本格的な怪談映画だそうだが、物語の終盤になるまではしっとりとしたメロドラマを観ている感じだ。

時は明治。踊りの師匠の吉登世と年下で純粋な若者新吉の恋物語に新吉の親方、熊本組の傅次郎と吉登世のお弟子さんのお久が絡む。傅次郎は惚れた女を手下の新吉に取られて面白くない。好色で強引な男である。若く清純なお久は新吉に何度も危ないところを助けられて憎からず思っている。新吉と結ばれた吉登世はお久と新吉の仲を疑って嫉妬に駆られる。それにうんざりした新吉に別れ話を切り出され、追いすがったところで転んだ吉登世は顔に怪我をする。ここらからやっと怪談らしくなる。

心理描写が丁寧で品のいい撮影と相まって上品な文芸映画のようだ。顔に怪我をするくだりが92分の映画の60分くらいのところで、そこまで扇情的な要素は全くと言っていいほどない。

顔の怪我が元で寝込んだ吉登世を新吉は献身的に看病する。そこに傅次郎がよからぬ企みを持って忍び込み、吉登世の顔に驚いたのか、はずみで切ってしまう。はずみで切るなよ。顔の怪我ったってお岩さんみたいに凄いことになっているわけではないのである。折り悪く、その時新吉はお久とこっそり出かけていた。なかなかに後ろめたいシチュエーションである。と言ってもそこも上品で、うどんを食べながら身の上相談に乗っていただけである。責めるのは酷というもの。しかし嫉妬に駆られた吉登世の亡霊には通じない。

亡霊が出てきてやっと特撮の出番である。と言ってもうどん屋に現れた吉登世は普通の人間の姿をしていて、普通に人力車に乗せられ帰宅する。家に帰り着いた吉登世がすーっと消えるシーンが最初の特撮シーンだが、怖いというより綺麗な絵に仕上がっている。その後は傳次郎に切られたと思った新吉が手下の男だったり、お久と思ったら吉登世の姿に変わっていたりと、吉登世の亡霊に人の姿を違って見せる力があるのか、罪悪感から幻覚を見るのか、目まぐるしく人物が入れ替わる。このあたりがこの映画の最大の見せ場。倒れているお久を新吉が抱き起こし、しがみつくお久がいつの間にか吉登世に変わっているというシーンをワンカットで見せるところがある。当然途中でカメラを止めてなるべく人や背景が動かないようにしながらお久と吉登世を入れ替えているのだろうけど、一見しただけでは分からない、手品のようなシーンだ。川に落ちたお久を新吉が引き上げると吉登世に変わっているシーンは特撮と言うほどではないが、白黒映画の黒い水はなかなかに不気味だ。照明も上品ながら雰囲気を盛り上げている。

元になったのは「真景累ヶ淵」だそう。大映には1960年に「怪談累が淵」があるのだが、なぜかこれも DeAGOSTINIのコレクションには入っていない。セレクトの基準が今ひとつよく分からないな。次回はDeAGOSTINIのコレクションに漏れていた「大あばれ孫悟空」を観る予定。

大映特撮ナイト 第7夜 「西遊記」

DeAGOSTINIの大映特撮映画DVDコレクションを公開年代順に観ていく一人上映会第7回は1952年の「西遊記」(冬島泰三監督)。いきなり雰囲気変わるな。

戦前にも何本も撮られている西遊記だが、戦後では初。ということはもしかすると戦後初のファンタジー映画でもあるかもしれない。ちゃんと調べたわけじゃないけど。ところで1952年というと手塚治虫の「ぼくのそんごくう」の連載が始まった年でもる。当然手塚先生は観ておられたと思う。

アニメーションのオープニングの後、いきなり砂漠を白馬に乗って旅する三蔵法師のシーンで始まる。これロケ地どこなんだろう。鳥取砂丘?海外?海外って言ったって、中国やモンゴルとは国交のない時代だし、どこだろう。気になる。
思っていた以上にスケール感のある作品になっている。セットも衣装もメイクもそれなりに頑張っている。さすがに町のシーンはお金かかってない感じだけど、戦後7年の時期としてはかなり大作感のある作品だったんではないだろうか。特殊撮影もふんだんに使われている。と言ってもジョルジュ・メリエスの映画を思わせる素朴なものだけど、今観るとそれがかえって新鮮に見えるところもある。金角大王の瓢箪に吸い込まれるシーンなんかは、リアルな映像ではないんだけど、工夫してあって味がある。

孫悟空に歌舞伎役者でもあった坂東好太郎を配し、花菱アチャコが猪八戒、杉狂児が沙悟浄。江戸っ子風の孫悟空と関西弁の猪八戒という取り合わせ。杉狂児の沙悟浄はちょっとなよっとした感じ。
物語は三蔵に三匹が弟子入りするくだりと、金角・銀角、牛魔王のエピソード。
派手な立ち回りあり踊りありちょっとしたエロティシズムあり意外に残酷なシーンもあり楽しめた。

これ続編が二つあるんだけど、なぜかDeAGOSTINIのコレクションには入っていない。アマゾンで調べたらKADOKAWAから出ているので注文。

ところでこの間の「氷柱の美女」の原作、江戸川乱歩の「吸血鬼」読んでみたけど、大幅に違うんだな。でも、それはないだろうと思った氷漬けの美女が実は、というくだりは概ね原作通りだった。まあ原作もいろいろ無理のある話ではある。面白かったけど。

次回は「怪談深川情話」。この辺から怪談映画が続く。

大映特撮ナイト 第6夜 「鉄の爪」

DeAGOSTINIの大映特撮映画DVDコレクションを公開年代順に観ていく一人上映会第6回は1951年の「鉄の爪」。監督の安達伸生は前々回の「透明人間現る」を撮った人。主演は前回の「氷柱の美女」で明智小五郎を演じた岡譲二。

怪作である。「狼男」と「ジキル博士とハイド氏」と「キングコング」を足して3で割って、そこに戦争の残り火とエロティシズムとキリスト教的教訓を散りばめた一言で言いにくい映画だ。

深夜の殺人事件。現場は人間業ではない力で荒らされており、被害者の情婦、雪絵はゴリラのような男だったと言う。その雪絵の内縁の夫だった田代恭介(岡譲二)は戦争で死んだと思われていたが、実は生きて日本に帰ってきていた。南洋でゴリラ(地理的に考えてオランウータンの間違いではないか)に噛まれ、それ以来強い刺激(酒とか)に会うと錯乱し獣人になってしまうのだ。

田代は普段は教会の戦争孤児院に勤める高潔な人物で、彼を慕う教会の娘、正代(関千恵子)が健気でかわいい。田代を利用しようとするいかさま興行師の灰田天心(斎藤達雄)がメフィストフェレス的な役割。雪絵は戦後キャバレーの踊り子になっていて、演じる園マリアは本職のストリッパーだったそう。

灰田天心は田代を見世物にしようとするんだけど、その前に演っていた演目が「透明美女現る」。もちろん2年前の「透明人間現る」を意識している。このシーンはストーリーの中では重要なエピソードというわけでもないんだけど、けっこう大事な見せ場。何かの放射線を浴びた女性の服が一つずつ透けていき、下着になった後全身が透明になる、という趣向。キャバレーのシーンとともにこの映画のエロ路線担当。

岡譲二は端正な二枚目なのだが、この二枚目がゴリラ男に変身するシーンは見どころ。変身したゴリラ男の暴れっぷりもなかなか堂に入っている。ところでこの映画の原案にクレジットされている中溝勝三とは岡譲二本人のことであるらしく、本人望んでのゴリラ男なのである。道理で生き生き演じている。
ラストはキングコングなのだが、その後のシーンが意外だった。ゲテモノ映画なんだか真面目なキリスト教映画なんだかよく分からないのがこの映画の醍醐味だろう。いや、人間の魂の二面性を描いた意外と真面目な映画なのかもしれん。エログロ映画だけど。

「大映戦慄篇 昭和二十年代探偵スリラー映画」という本をこの間入手したんだけど、この時代の大映は探偵スリラー映画を量産していて、この本で紹介されている映画だけでも41本ある。残念ながら大映特撮映画DVDコレクションに入っているのはこの「鉄の爪」が最後で(昭和三十年代の「透明人間と蠅男」という凄いタイトルのがあるが)、次回は打って変わって「西遊記」。その後は当分怪談映画が続く。

マグニフィセント・セブン

「マグニフィセント・セブン」を観た。
「七人の侍」と「荒野の七人」をベースに現代的な視点も入れた西部劇。

一見して分かるのは人種的多様性をかなり意識していることで、リーダーのチザムがアフリカン・アメリカン、他に東洋人、ネイティブ・アメリカン、メキシコ人がいて、白人も一人はフランス系、もう一人がアイルランド系、もう一人のっジャック・ホーンだけはっきり分からない。
時代を反映した設定と言えそうだが、やや無理もある。特にコマンチ族のレッド・ハーベストが仲間に加わる理由がよく分からない。ネイティブ・アメリカンをたくさん殺しているジャック・ホーンに対してどういう感情を持っているのかも描かれず、せっかくの設定がかなり雑に扱われている感は否めない。

僕なら女性ガンマン入れるよなあ、と予告編見て思ってたんだけど、その部分のフォローはちゃんとなされている。ヒロインのエマが最初に出てきた時は地味な人妻なのが映画の進行とともに変わっていくところは見どころの一つ。すごく美人というわけではないのもいいし、エマと七人の誰かの恋愛には全く発展しないのもいい。そういう要素をこの映画は全く入れていない。でも七人に女性入れるのはやっぱりありだったと思うけどな。

この映画の最大の萌えポイントはイ・ビョンホン演じるビリー・ロックスとイーサン・ホーク演じるグッドナイト・ロビショーの関係性だろう。ちょっと「ローグ・ワン」のチアルートとベイズの関係を思い出した。東洋人は最近は萌え要員なのか。イ・ビョンホンは本当にかっこよすぎるくらいかっこいいし、イーサン・ホークの戦争トラウマを抱えた元狙撃兵もいい。そしてその二人が互いに信頼しあっている関係性は腐男子ならずともぐっとくるものがある。ていうか狙ってるだろこれ。

実は「七人の侍」は何回か観てるけど「荒野の七人」をきちんと観たことがない。「七人の侍」「荒野の七人」「マグニフィセント・セブン」と続けて観たらまた違った見え方をするのかもしれない。あ、「宇宙の七人」ってのもあったね。
プロフィール

おがわさとし

Author:おがわさとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR